ライアーライアー1巻 偽りの最強で勝ち続ける学園頭脳ゲーム&ラブコメ‼ 感想/ネタバレ

スポンサーリンク
ラノベ

どうもタカナです。
久しぶりですがラノベ感想書いていきまーす。

 

今回読んだのはライアーライアー
うちのお店でもちょくちょく売れているなぁと思ったので手に取ってみました。

MF文庫はこういうよう実っていう成功例があるので学園頭脳ゲームを推している節がありますよね。

まあ1巻発売時に買わなかったのは
よう実は好きなんですが同じMF文庫の「自称Fランクお兄様」を読んであんまり肌に合わなかったから学園頭脳ゲームはいいかなぁと思って買わなかったですね
妹ウザは好きなんですけどね。

まあそんなどうでもいい話はいいでしょう。

読んだ感想としては
姫路ちゃんが可愛い
これに尽きるね(表紙の女の子)
ヒロインが可愛いって言うのは重要だから。


やっぱりこういう頭脳ゲームものだと基本後出し勝ちがほとんどなのが微妙だけど、
これはイカサマでガッツリ勝ちに行く!!系だと思って「お、おもろいやんけ」と見てたんですが、
1巻時点で既にイカサマが破られていて、これこの後勝てるわけないやんって思いましたね。

まあやっている事は星7だったら出来る事をやってるだけだから
実質主人公の力やで~みたいなものなんですが
1巻で既に予想外です!我々の敗北です!みたいなのはちょっとやめて欲しかったですね。
チーム【カンパニー】まではカッコよくて良かったのに・・・・


普通に面白かったです。
学園頭脳ゲームとしてはまあ王道的な感じかな
星を増やせない主人公が色付き星なら増やすことが出来るって言うのはあーカッコいいなって思いましたね。
主人公のキャラはイマイチつかめていませんが、ヒロイン達は可愛んでアリですね。

とりあえず1巻時点では「並み」くらいの評価でしょうか。
まあ続き気になるんで2巻買ってきまっす。

コメント

タイトルとURLをコピーしました