魔法科高等の劣等生 司波達也暗殺計画1巻 ラスボスはお兄様!?原作初のスピンオフ始動!! 感想/ネタバレ

スポンサーリンク

スポンサーリンク

はいはい来ましたよ公式スピンオフ!!

暗殺計画とは物騒なタイトルですが
正にその名と通りに「司波達也を暗殺する」というスピンオフ

達也達が主人公じゃなくて大丈夫か?と思いましたが予想を裏切って面白かったです。
司波達也が敵側にいるとこんなにヤバいのかって言うのが実感できました
いやー主人公で良かった良かった。

じゃああらすじの後に感想


あらすじ
西暦二〇九四年の春。暗殺を生業とする少女・榛有希は、その現場をある男子中学生に目撃されてしまう。
憂いを断つべく男子中学生を消そうするも、フィジカルブーストの超能力者である有希でもまったく太刀打ちできない。その謎の少年の名は、司波達也。
相手が普通の少年であったなら、
相手が魔法師でなければ、
相手が司波達也でなければ――。
規格外の少年と暗殺者の少女。二人の出会いが運命をより数奇なものへと変えていく。
大人気作品『魔法科高校の劣等生』原作初のスピンオフ開幕!!


感想

いやー面白かったですね。

本編が最終章に入って終わりも近づいてきたなと思ったらのスピンオフですから嬉しい限りですね。

私だけかもしれないんですが、基本的にスピンオフって言うのが苦手なんですよね。
大好きなラノベの「冴えない彼女の育て方」や「ダンまち」とかのスピンオフ
「恋するメトロノーム」や「ソードオラトリア」は全然見ていないんですよ。

だから今回もいやー厳しいかなーと思いきや
案外すっきり入ってきました。

まあザックリとした内容を言いますと

コメント

タイトルとURLをコピーしました